スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでもないよ

2012.04.04 15:33|日記



なんだか最近感傷タイム
キャロコ、メランコ
呪文みたいププー





修学旅行へ一緒に行った友達が、卒業文集で一番の思い出にそれを選んでくれてた。
後半は泣いたことしか覚えてなくて、
話題にするのは若干のお互いに気を使いあって、
ブラックジョークにもならないような扱いだったそれを選んでくれたのを見て、
あぁ、あたしの三年間ってこういうことのためにあったのかもとかかっこつけて思ってみたりした。
私との思い出を振り返ってくれて、それが良かったと思ってくれて、ありがとう。
多分その子はこれ見てないけど、
見てほしいなんて思ってないけど、
思わぬところで他人を救ってるなんて気が付いてないだろうけど、
私はあなたに救われました。
そしてあなたのそういうところが大好きだったよ。
多分それも、あなたは気づいてないだろうけど。



でも、
私が高校受かったことを喜んだり別々になることを惜しんでくれたりするメールを送ってくれる人とか、
もう別々になるのにお土産をわざわざ送ってくれる人とか、
みんなで出しあって餞別を送ってくれる人たちとかが私のそばにいることを知って、
三年間の意味がこのためにあったって断言できる。
頭の片隅で適当に思っていたことが断言できるって多分すごいこと。

生まれてはじめて人一人助けた(多分)三年前。
精神的に死にかけて助けた人に助けられた一年前。
別に誇るつもりなんてないけど、人一人助けれたことであたしは十分かと思ってた。
でも三年間を全部引っくるめて清算して、
そうやって惜しんだり喜んだりして貰える人になれたってことだけは誇れるのかなぁ、


なーんて、ね。


コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

キャロット

Author:キャロット
本州のはしっこあたりで生産された。
形が悪いので商品にならなかった。
今はジュース工場行きのXデーを待つだけの日々。

カウンター

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新コメント

最新記事

カテゴリ

リンク

地球の名言

presented by 地球の名言

arthur ナイフ

非常ボタン

Web page translation 翻訳選択

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。